Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
おすすめ

フルーツメール
Recommend
へんしんマンザイ (新しいえほん)
へんしんマンザイ (新しいえほん) (JUGEMレビュー »)
あきやま ただし
へんしんシリーズは読み聞かせで大人気!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
イントゥ・ザ・ワイルド
JUGEMテーマ:映画
イントゥ・ザ・ワイルド

今日は、か~な~り寒い一日でしたね。
午前中は、町内会の清掃活動でした・・・。(ほんと寒かった・・)
午後は、久しぶりに映画のチケットが当たったので、お友達と映画を見に行ってきました。
ここのところ気になっていた『イントゥ・ザ・ワイルド』です。

今回は、チケットが当たらなければ行くことはないであろう、テアトルタイムズスクエアで鑑賞。
スクリーンが驚くほど大きく、客席も多いのですが、ものすごい傾斜です!
真ん中より少し上の方の座席だったのですが、座席に到着するまでに息切れ・・。決してトシのせいだけではない・・と思う傾斜でしたよ。(でも見やすい


大学を優秀な成績で卒業したクリスは、就職もせず、進学もせずに家を出る。
貯金を寄付し、IDを燃やし、財布も・・何もかも捨てて、労働とヒッチハイクを繰り返す旅だ・・。
旅の途中で、様々な人と出会い、説得されるも決して家には帰ろうとしないクリス。
アメリカからアラスカへと北上した彼は、捨てられているバスの中で生活を始める。


2時間28分と長い映画ですが、クリスの人生がとても丁寧に描かれているせいか飽きることなく、観れました。(お尻は痛くなりましたが・・・)
自分の家庭に嫌気がさして、1人で旅立ち、物や金から自由になりたくて大自然の中で生活する、というクリスの計画は「普通はそこまでやらないでしょ」と思ってしまうくらいの徹底ぶり。
若さゆえに、あそこまで突っ走ってしまうことができたのでしょうか?
旅の途中に出会った人々は、クリスを必要としてくれたのに、あくまでも自分の決めた生き方を貫くクリス・・、バスの中での生活の後半は、正直みていてしんどかったです・・。
アラスカの大自然の中に1人きりなんて・・・考えただけでも怖いです。

最後にスクリーンに映し出された、本物のクリスがバスの前で撮影した写真のクリスの笑顔が忘れられません。 1人で自由に生きることを貫いたクリスに、「あの時、別の選択をしていたら・・・。何度もチャンスはあったのに・・」と考えずにはいられませんでした。 けれども、あの写真の笑顔に、少し救われた気がするのです。


それにしても、観客は団塊の世代あたりのおじさまが多かったです・・、「もしかして、断ち切りたいしがらみ・・、あるんですか?」なんて思ってしまいました。



にほんブログ村 映画ブログへ

 ・イントゥ・ザ・ワイルド@映画生活
posted by: ちこ | 映画 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(5) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:33 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://chicohiro.jugem.jp/trackback/822
トラックバック
2008/10/29 12:22 AM
原題:INTO THE WILD 予告も見ず、予備知識も何一つ得ないまま、ただタイトルに興味を惹かれての映画鑑賞だったけど、魂を揺さぶられると言っていい〜衝撃の実話の映画化〜 本当に実話ということを知ったのは映画の最後のほうだったけど、最初のほうでは長く
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
2009/07/06 12:51 PM
そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために  
Addict allcinema 映画レビュー
2009/07/24 2:46 PM
2007 アメリカ 洋画 ドラマ 作品のイメージ:切ない 出演:エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン
あず沙の映画レビュー・ノート
2009/09/22 2:16 AM
すべてを捨てアラスカへと放浪の旅へ出た裕福な青年の心の軌跡を描いた人間ドラマ。ショーン・ペンが監督を務め、原作は冒険家ジョン・クラカワー著のノンフィクション小説「荒野へ」。前途有望な未来を捨て自由を選択したすえに悲惨な最期を遂げる若者を演じるのは『ロ
サーカスな日々
2010/01/16 7:48 PM
「Into the Wild 〜イントゥ・ザ・ワイルド〜」 感想 Into the Wild そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために 資本主義、物質社会...
むーびーふぁんたすてぃっく