Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Sponsored links
おすすめ

フルーツメール
Recommend
へんしんマンザイ (新しいえほん)
へんしんマンザイ (新しいえほん) (JUGEMレビュー »)
あきやま ただし
へんしんシリーズは読み聞かせで大人気!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
ソラニン
JUGEMテーマ:映画



[STORY]
 OL2年目で会社を辞めた芽衣子と、音楽への夢を諦められないフリーターの種田は一緒に暮らしていた。芽衣子の一言に奮起した種田は、ある想いを込め、仲間たちと共に『ソラニン』という曲を書き上げ、レコード会社に持ち込むのだが……。  @ぴあ 映画生活より

公開当時、ラジオでもTVCMでもアジカンが歌う主題歌が流れまくり、それにつられて劇場に行くつもりだった・・けど、いけなかったんだなー。

大学の軽音サークルで知り合った仲間たちの卒業後、2年目の物語。
社会人になって何か新しい事がはじまるのではないかとワクワクしていたのに、
向き合うのは退屈で平凡な毎日。
求めていたのはこんな人生だったのか?こんな人生でいいのか?と自問自答を繰りす日々。

昔、こういうこと感じていたな・・なんて若い頃を思い出します。

大人になるって、自立するって、向き合いたくない現実と向き合うこと。
自分の夢を実現させて好きなことで生きていく・・というのは理想だけど、ものすごく大変なこと。
けれど、その夢が破れる・・という今まで味わったことのない大きな挫折を知るのも怖くてなかなか一歩を踏み出せない。
勇気を出して夢を実現させようと行動を起こしたのに、
それがかなわないことを思い知った時、現実とどう向き合っていくんだろう?
なんてことを考えながら観ていました。

そのまま夢が叶うまで突き進むのか、現実と折り合いをつけて生きていくのか・・・。
交差点に突っ込んでいく種田を見ているのが本当に苦しかった。
芽衣子に笑顔で「これから帰る」と電話した直後の出来事だったから。
彼なりに必死で現実と向き合おうとしているのが伝わってきたから。

たとえ、自分がかっこ悪いと思っていた平凡な人生でも、納得がいかなくても、
ただ生きているだけでいい」(byビリー)
というセリフが心にストンと落ちてくる映画でした。

ラストのライブシーン・・とにかく泣けてしまいます。

平凡な人生だっていいじゃないか、気持ちを分かち合える人がいれば・・なんて思える1本です。にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ソラニン@ぴあ映画生活

posted by: ちこ | 映画 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 20:32 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://chicohiro.jugem.jp/trackback/1168
トラックバック