Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
おすすめ

フルーツメール
Recommend
へんしんマンザイ (新しいえほん)
へんしんマンザイ (新しいえほん) (JUGEMレビュー »)
あきやま ただし
へんしんシリーズは読み聞かせで大人気!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
ジーン・ワルツ
JUGEMテーマ:読書

映画化のオビにつられて買ってしまいました。

[あらすじ]
帝華大学医学部の曽根崎理恵は、顕微鏡下体外受精のエキスパート。
理恵は、大学での研究のほか、閉院間近のマリアクリニックで5人の妊婦を診察している。
年齢も境遇も異なる彼女たちはそれぞれに深刻な事情を抱えていた。
また理恵にも代理母出産にかかわっているのではないかという噂がささやかれていた・・。

[感想]
冒頭1ページ程度なのですが、アミノ酸の基本単位・・とか、たんぱく質を構成するDNA配列の説明・・に、
「うわー、何を読んでいるのかわからなくなってきた!図がほしい!」
と頭が拒否反応を示していました。
ま、この辺りは本筋に重要ではないので・・読んでいくうちにぐいぐいの引き込まれました。
受胎から出産まで、不妊治療のこと、出産のリスク、産科医療の現状などなど、これから産む人も、もう産んだ人も読んでみて損はなし!な内容でした。
マリアクリニックの妊婦たちが次々と産気づくクライマックスはかなりの迫力でしたよ。

産みたいと願う女性の気持ちとか、母になっていく心理、女性のたくましさが伝わってきました。
そして、五体満足で産まれることって本当にすごいことで、「いのち」って本当に尊い・・・と生命の大切さがひしひしと感じられる小説でした。

5人の妊婦の一人、山咲みどりの視点から描かれた「マドンナ・ヴェルデ 」ももちろん読みたいですが、マリアクリニックがその後どうなっていくのかも気になるところ・・。

それにしても、本編のヒロインである曽根崎理恵・・、彼女は自身の信念に基づいて非常に計算高く、うまく立ち回っているのですが、そのクールな言動の裏には様々な葛藤があるのではないか?なんて思ったのですが、その辺はあまり描かれていなくて・・頭のいい人はとんでもないこと考えるなー、というかその考えについていけない・・と、共感できないんですよね・・。
「マドンナ・ヴェルデ」では、曽根崎理恵の別な面も見られたりするのかしら?

最後の最後では「そこまでやっちゃう?」とぞぞぞーーーっつとしたのですが、映画化するにあたってその辺はどうするんだろう?なんて余計なことまで考えてしまいました。

産みたい人も、産む予定がない人も、1度読んでおいて損はない、産科医療の現状を描いたミステリーでした。



 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
posted by: ちこ | | 17:42 | comments(0) | trackbacks(1) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 17:42 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://chicohiro.jugem.jp/trackback/1143
トラックバック
2011/04/06 10:54 AM
&nbsp; □作品オフィシャルサイト 「ジーン・ワルツ」□監督 大谷健太郎 □脚本 林 民夫□原作 海堂 尊 □キャスト 菅野美穂、田辺誠一、大森南朋、南 果歩、白石美帆、桐谷美玲、須賀貴匡、濱田マリ、大杉 漣、西村雅彦、片瀬那奈、風吹ジュン、浅丘ルリ子
京の昼寝〜♪