Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Sponsored links
おすすめ

フルーツメール
Recommend
へんしんマンザイ (新しいえほん)
へんしんマンザイ (新しいえほん) (JUGEMレビュー »)
あきやま ただし
へんしんシリーズは読み聞かせで大人気!
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
英国王のスピーチ
JUGEMテーマ:映画
 

ヒロのインフル感染で映画館へ行けず、「今日、観に行かなかったら、もう映画館で観られないかも・・」(給食が終了したら、個人面談に、暮らす懇談会に・・)ということで、映画館へダッシュ!
ようやく観ることができました。
今年度アカデミー賞4冠受賞の『英国王のスピーチ』、平日朝一の上映にしては、なかなかの混雑ぶりでした。

[STORY]
英国王ジョージ5世の次男、ジョージ6世は、幼いころからの吃音とさまざまなコンプレックスによって、人前に出るのが苦手な内向的な性格だった。
さまざまな言語聴覚士の治療を受けるがその吃音は治ることはなく、本人もその治療をあきらめていた。
ところが、父が亡くなり、王位を継承した兄が、離婚歴のある女性との結婚のため王位を返上、突然国王になることを余儀なくされる。国王になるということは、人前でしゃべる機会が増えるということ、
折しも第二次世界大戦が開戦し、ナチスドイツとの開戦に揺れる国民は国王の言葉を心待ちにしていた・・。

[感想]
派手さはなく、むしろ地味目な1本。さらに、大げさに感動をあおるシーンはないけれど、
何度も涙腺が緩みました。
ストーリーはもちろんのこと、コリン・ファースとジェフリー・ラッシュの演技が心に響いてくるんですよね〜♪

王子としてはこうあるべき!という国王の理想を押し付けられて、でも、それに必死に応えようとしてきたジョージ6世の葛藤・・。そして、ようやく出会った「あなたはあなたのままでいい」と認めてくれたセラピスト・・普通ならすんなり信頼関係が結べそうですけど、社会的地位が違いすぎる二人。
一筋縄ではいきません(涙)

国王を支えた王妃エリザベスとの夫婦愛もじーんとしますし。(大河ドラマのよう)

とにかく、ジョージ6世の人柄が素晴らしいんですよね、人一倍まじめで、繊細で、
そして不器用で、なによりもイギリス国民とイギリスのことを大切に思っている・・
そして自分の家族も・・。

自分は、国王の器ではないと思い、それを望んでいないのに、
それ以外の人生を選ぶことができない(涙)ジョージ6世の苦悩を通して、
誰でも思い通りの人生を手に入れるなんてできないんだよね。
なんて妙に納得してしまったりして・・・。(そこがメインの話じゃないんだが・・)

観て損はない1本です。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
英国王のスピーチ@ぴあ映画生活
posted by: ちこ | 映画 | 19:50 | comments(0) | trackbacks(4) |-
1000円デー3連発!
JUGEMテーマ:映画

来週は、
月曜日がレディースデーのシネコンで1000円、
火曜日は1日で1000円、
水曜日がレディースデーのシネコンで1000円

わーい!3日連続で映画が1000円で見られ
るぞー♪ なんてウキウキだったのですが、
昨日の夜中より・・・発熱、今朝病院を受診したところ、「B型 インフルエンザ」と診断されました。
ま、ヒロのクラスは、担任の先生もインフル、ほかに10名欠席・・という状態だったので、
感染する日も遠くまい・・と思っていましたが・・このタイミングで!って感じです。
しかも今日は、1年生最後のお話し会(絵本の読み聞かせ)当番だったのに、キャンセルする羽目になってしまいました。当番を代わっていただけた方がいたのでほっとしましたが・・。

ヒア・アフター
英国王のスピーチ
ナルニア国物語 第3章・・・
と見たい映画も1000円デーに合わせて目白押しだったので、ガッカリ度はかなりのもの・・。
というか、今日も、たまった家事を片付けたあとはTSUTAYAでクリミナル・マインドの続きを借りに行こうと計画していたのにぃ〜
順調にいけば、火曜日には登校許可書をもらえる予定なので、ナルニア国物語か英国王のスピーチは観に行きたいなぁ。

熱のピーク時には「うぉおお、おなかがいたいー」と大騒ぎでしたが、(年に1度の発熱なので、いざ熱を出すと本当にこたえるようで・・)、熱のピークが去ったら寝たり起きたり。
今年は、かかる子は、A型、B型、新型・・と3回かかる可能性もあるインフルエンザ、B型だけで終わってほしいものです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村
posted by: ちこ | 映画 | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ウォール・ストリート
JUGEMテーマ:映画

前作はテレビで放送されたのを見たような、見ていないような・・。
前作を知らなくても楽しめそう!と思い、行ってきました。

[STORY]
インサイダー取引で約20年間服役したゴードン・ゲッコーは、出所後は自身の悪名を逆手にとった講演で利益を得ていた。そんな彼に指導を求め、若いトレーダーのジェイコブが近づく。彼にはゴードンから学び、どうしても成し遂げたい目的があった。 (@ぴあ 映画生活より)


前作「ウォール街」を観ていなくても充分楽しめました。
ゴードンの娘ウィニーと交際中のジェイコブは、ウィニーとゴードンの仲を取り持つことで、まるで父子のような間柄になっていくのですが・・、
「ゴードンがそんなにいい人なわけないし!、きっと痛い目みるよ、ジェイコブ!」
なんて、ハラハラしてみていたら、やっぱり「ほら見たことか!」な展開になりました。

それで、ゴードンがそのまま悪役を貫き通すかと思っていたのですが、
年をとると人間丸くなるのか・・なかなか粋なはからいをするラストとなりました。
(ちょっと拍子抜け、というかさらにどんでん返しがあるんじゃないか?と疑うくらいのラスト)

欲望がなければ前進しない、欲望は善なのか?
人を活かすのも金で、殺すのも金。

誰にでも平等に与えられている時間をどのように使うか、何が自分の人生にとって大切か?

人と比べるのではない自分の生き方・・。

なんて事を考えさせられる1本でした。

 にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
posted by: ちこ | 映画 | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ノルウェイの森
JUGEMテーマ:映画
 
冬休みに入る前に映画に行けるのは今日で最後だ〜(多分)ということで、
『ノルウェイの森』を観に行ってきました。


映画化が決定してから観るか迷っていたのですが、(昔、トラン監督の『夏至』で爆睡したことがある・・) 久々に原作を読み返してみると、
「松ケンはワタナベ役にぴったり・・じゃない?」なんて思えてきたので・
だけど、・
「こんなの違ーう!」とがっかりするかもとも覚悟して映画館へ。

[STORY]
ドイツ行きの機内で“ノルウェイの森“を耳にしたワタナベは18年前に恋に落ちた直子のことを思い出す。直子は親友キズキの恋人であったが、キズキはある日突然自殺をしてしまう。ワタナベは誰も自分を知る者がいないところで生活を始めようと、東京に出るが……。 @ぴあ 映画生活より

ストーリーもほぼ原作通り、映像もとても美しかったのですが、
セリフが原作のままなので、映画としてみると何かぎこちなく聞こえたんだな・・。
直子を失った後のワタナベの苦しみや悲しみが風景とともに伝わってくるのですが・・
最後!レイコさんとのシーンはなんだか原作のイメージと違うよ・・とがっかり。
朝から濃厚な映画でぐったりな1本でした。映像は本当に美しかったんですけどね。残念。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
posted by: ちこ | 映画 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) |-
武士の家計簿
JUGEMテーマ:映画



そんなに興味があるジャンルじゃない・・けど、堺雅人(ちょんまげ姿が似合いすぎ♪)
見たさに行ってしまいました。

[STORY]
時は江戸時代。御算用者(会計処理の専門家)として、代々加賀藩の財政に携わる猪山家。八代目の直之は、天性の数学的感覚を持っていた。彼はやがて、お駒という女性と結婚し、昇進も果たす。だが身分が高くなるにつれ出費も増え、彼は倹約生活を実行することに。 @ぴあ 映画生活より

「武士の生活ってこんなに大変だったんだー!」と時代劇でもあまり描かれていない面を知ることができました。
実際にこんなに明るくほのぼのと倹約生活を送っていたのかどうかはわかりませんが、
クスクスと笑えるシーンも多かったです。
武士として父として「ひゃー!」と驚くほど子どもにも厳しい一面があったりもしましたが、
仲間由起絵さんと堺さん演じる夫婦がお互いを思いやっていて素敵でした~♪

きちっとした武士の暮らしぶり、観ていてすがすがしかったです。
ただ、淡々として盛り上がりに欠けるな~と眠くなったりもしましたが・・
 にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

武士の家計簿@ぴあ映画生活
posted by: ちこ | 映画 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ハリーポッターと死の秘宝 part1
JUGEMテーマ:映画



映画好き、ハリポタ好きのママ友とばっちり予定があったので、さっそく観に行ってきました。

[STORY]
死ぬ前にダンブルドアが突き止めた闇の帝王ヴォルデモートを滅ぼ唯一の方法とは、彼の魂を分割して収めた「分霊箱」をすべて破壊すること。7年生になったハリーはホグワーツ魔法魔術学校に行く代わりに、親友のロン、ハーマイオニーと分霊箱を探す旅に出る。 @ぴあ映画生活より

上映時間があっという間に感じられるテンポのよさでした。
魔法のシーンはクスッと笑えるシーンもありますが、分霊箱の件で仲間割れしたり、
最初からハラハラドキドキさせられます。
そして、最終章にふさわしく、
両親から自分の記憶を消してハリーの力になろうとするハーマイオニーの覚悟やら
次々と死んでいってしまう仲間たちに・・(あぁ、トビー)涙。
 
全作品を劇場で観たわけではないけれど・・ハーマイオニーったらあんなにきれいになって!
ハリーったらひげ生えてるし(コラコラ)、ロンってばビールっ腹だし(おいおい)・・あんなに小さな子どもだったのに本当に大きくなったね!としみじみした気分になりました。

でも・・・、ハリーはあまり身長が伸びなかったよね・・ハリーの両親の墓前でハリーの肩に寄り添おうとしたハーマイオニーの動きが一瞬止まるのが「ちょっと・・背が低くて頭乗せづらい・・」って思ったようにハハとママ友には見えました

3D化が話題になりましたが、画面が全体的に暗いので2Dでよかったんじゃないかな?
魔法のシーンを3Dで観たいような気もしますが、多分「暗くて見づらい」ってことになりそうだし。

エンドロール後、part2の予告とか・・?なんて思っていたけど特になかったです。
来年の夏といわず、せめてGWあたりに公開してほしいものです。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1@ぴあ映画生活
posted by: ちこ | 映画 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ソラニン
JUGEMテーマ:映画



[STORY]
 OL2年目で会社を辞めた芽衣子と、音楽への夢を諦められないフリーターの種田は一緒に暮らしていた。芽衣子の一言に奮起した種田は、ある想いを込め、仲間たちと共に『ソラニン』という曲を書き上げ、レコード会社に持ち込むのだが……。  @ぴあ 映画生活より

公開当時、ラジオでもTVCMでもアジカンが歌う主題歌が流れまくり、それにつられて劇場に行くつもりだった・・けど、いけなかったんだなー。

大学の軽音サークルで知り合った仲間たちの卒業後、2年目の物語。
社会人になって何か新しい事がはじまるのではないかとワクワクしていたのに、
向き合うのは退屈で平凡な毎日。
求めていたのはこんな人生だったのか?こんな人生でいいのか?と自問自答を繰りす日々。

昔、こういうこと感じていたな・・なんて若い頃を思い出します。

大人になるって、自立するって、向き合いたくない現実と向き合うこと。
自分の夢を実現させて好きなことで生きていく・・というのは理想だけど、ものすごく大変なこと。
けれど、その夢が破れる・・という今まで味わったことのない大きな挫折を知るのも怖くてなかなか一歩を踏み出せない。
勇気を出して夢を実現させようと行動を起こしたのに、
それがかなわないことを思い知った時、現実とどう向き合っていくんだろう?
なんてことを考えながら観ていました。

そのまま夢が叶うまで突き進むのか、現実と折り合いをつけて生きていくのか・・・。
交差点に突っ込んでいく種田を見ているのが本当に苦しかった。
芽衣子に笑顔で「これから帰る」と電話した直後の出来事だったから。
彼なりに必死で現実と向き合おうとしているのが伝わってきたから。

たとえ、自分がかっこ悪いと思っていた平凡な人生でも、納得がいかなくても、
ただ生きているだけでいい」(byビリー)
というセリフが心にストンと落ちてくる映画でした。

ラストのライブシーン・・とにかく泣けてしまいます。

平凡な人生だっていいじゃないか、気持ちを分かち合える人がいれば・・なんて思える1本です。にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ソラニン@ぴあ映画生活

posted by: ちこ | 映画 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) |-
THE LAST MESSAGE 海猿
JUGEMテーマ:映画

友達の子が発熱し、2回延期になっていた『THE LAST MESSAGE 海猿』
3度目の正直!でようやく鑑賞〜♪

[STORY]
天然ガスプラント“レガリア“で事故が発生。仙崎は現地に向かうも、救出作業中に爆発が起こり施設に閉じ込められてしまう。巨大台風が迫る中、彼は知り合ったばかりの服部とバディを組み、帰還する道を探すが……。 @ぴあ 映画生活より。




冒頭、仙崎と吉岡のちょこっとコミカルなシーンがあったかと思うと・・いきなりレガリアでの救助活動がはじまり・・そこからものすごい勢いで物語は進み、あっという間の2時間9分でした

海上のいつ爆発するかわからないプラントに民間人3名、新人潜水士とともに取り残され、
台風が接近、巡視船も暴風域を避けるため離れていく・・そんな絶望的な状況なのに、
仙崎・・どこまでも心の広い男です・・ 
自分を待つ家族のため、仲間のため、人を思う気持ちが仙崎を支えているんですよね〜。(ウルウル)
 
仲間を思う気持ち、大切な人を思う気持ち、何よりも大切な命を救うこと、当たり前のことなんだけど、それが当り前ではない昨今・・当たり前のことを大切だと思わせてくれる映画でした。

「人命救助が最優先!」のぶれない姿勢が素敵・・♪

ありえない!!ようなシーンがたくさんありますけど、(「ケガ人だけど元気すぎ!」とか突っ込みどころ満載だけど)「大切な人がおらん人が多すぎる」映画『悪人』を見てどよーんとしてしまった心を癒すのにはぴったりの映画でした。

思ったほど泣きませんでしたが、(クライマックスでこのセリフいらないんじゃないかなー言われなくてもわかってるわ!とちょっと引いたのよね・・)泣きポイントはやはり環菜。
もう、仙崎が環菜に宛てたメッセージ、泣けるから!

レガリアの炎上シーンは大迫力・・ゾクゾクします。
船が揺れるたびに、「あの鎖がぶつかって爆発しそうでハラハラすんですけど!」とドキドキしっぱなし。

3Dで観賞しましたが画面が暗くて・・2Dのほうが感動できそう。
ありえない!シーンが多くても大画面でぜひ!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

THE LAST MESSAGE 海猿@ぴあ映画生活
posted by: ちこ | 映画 | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0) |-
悪人
JUGEMテーマ:映画
 
今日は1000円デーだったので『悪人』を観に行きました。

[STORY]
保険外交員の女性の遺体が発見される。当初、捜査線上に浮かび上がったのは地元の大学生だったが、やがて容疑の焦点は土木作業員の清水へ。清水は警察の目を逃れ、光代という女を連れて逃避行に及ぶ。なぜ事件は起き、なぜ清水はその女と逃げるのか……。  @ぴあ 映画生活より

朝一番に観るのには合わない・・とは思っていたけれど、これほど・・とは
ドロドロどんよりしてしまう本編でしたが、俳優陣の演技には圧倒されます。
さわやか妻夫木くんのむくんだ顔、悪人に豹変する時はゾッとしました。

法によって裁かれる悪人も、そうでない悪人も・・と、さまざまな悪人が描かれていて、
やりきれなく感じる部分があるせいか、孫と娘を思う、樹木希林さんと柄本明さんの演技に余計ほろりときてしまいました。

どうしようもなく孤独で、自分の未来に希望を持てない祐一が殺人を犯してしまったのは、
運の悪いめぐり合わせだったのかもしれない・・でも、それに対する後悔の念がちょっと薄いような気がします。「本当に悪いのは自分じゃない、あの女のせいだ・・」という考え方がね・・。
同じように孤独だった光代ともう少し早く出会っていたら、祐一は一線を越えることはなかったのでしょうか?

誰にも共感できず、「みんな自己中だから、自業自得だ!」と思いつつ、
最後まで画面に釘付けで、ぐったりしてしまった1本でした。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
悪人@ぴあ映画生活
posted by: ちこ | 映画 | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) |-
犯人に告ぐ
JUGEMテーマ:映画

[STORY]
川崎で起こった連続児童殺害事件。捜査が一向に進まない警察は、捜査責任者をテレビに出演させる“劇場型捜査“の導入を決める。そこに担ぎ出されたのはかつて、誘拐事件の捜査に失敗した刑事、巻島だった……。 @ぴあ 映画生活より

届いたレンタルDVDの封筒を開封した時には、「何で、これ予約したんだろう・・?」と、それほど興味があったわけではなかった『犯人に告ぐ』
観てみたら面白かった!です。(ラストシーンは、よく意味がわからなかったですが・・)
ファンじゃないのですが、全てを背負って犯人に立ち向かう一人の刑事、トヨエツがカッコよすぎです。

それにしても、常にリップクリームを手放さない、小澤征悦さんが気持ち悪かった・・。

 にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


posted by: ちこ | 映画 | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) |-